上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国人留学生、韓国抜き最多に!4万1000人を突破―カナダ(Record China)

韓国人留学生数と大使館について、とても気になります。
かつ、気になったこととして、大使館とカナダについて、とても気になります。
しかしながら、大幅増について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000022-rcdc-cn



2009年2月25日、カナダの中国人留学生数が4万1000人を超え、韓国人留学生数を抜いて同国で最多となったことがわかった。中国からの留学ビザ申請者が増加しただけでなく、カナダ大使館のビザ取得成功率が上昇したことも原因だという。北米発行の中国語紙「世界日報」が伝えた。

北京のカナダ大使館は昨年、…
続きを読む
<チベット>橋の下に爆発物!騒乱1周年控え警戒強まる―中国(Record China)

やはりチャムドと爆発物に関しては、相関性があるということなのでしょうか。
いかにも、とても気になる記事です。特に、チベットと自粛傾向について気になります。
また、武装警官がチャムドのようです。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000027-rcdc-cn



2009年2月25日、中国のチベット自治区チャムド地区で爆発物が発見されたことを自治区公安局が発表した。重さ数kgに及ぶ爆発物は橋の下に置かれていたが、この爆発物を仕掛けた人物は見つかっていない。香港紙・明報の報道。

25日はチベット暦の元旦にあたる日だったが、ラサ市在住の僧侶が海外メディアの取…
続きを読む
<続報>日本人への「ヤミ臓器移植」、執刀医の謝礼は200万円―中国(Record China)

売国奴に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
なんと、ニーズの話題を見ると、なんだか嬉しくなります。
なんと、国衛生部と報道官について、もっと掘り下げて調べてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000016-rcdc-cn



2009年2月24日、旅行名目で中国を訪問した日本人17人が臓器移植手術を受けていたとされる問題で、中国のネット上では執刀した医師に対し「金儲けのため日本人に魂を売った売国奴」といった批判が巻き起こっている。執刀医への謝礼は200万円とされた。中国紙・中国青年報(電子版)が伝えた。

中国衛生部の…
続きを読む
<有毒ブタ>中毒事件は起きて当然?サンプル検査率わずか2%―広東省広州市(Record China)

とても気になる記事です。特に、有害物質と姚建明について気になります。
また、最近化学物質に関する情報をよく見かけます。
いかにも、姚局長の話を聞くとおなかがいっぱいになります。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000015-rcdc-cn



2009年2月23日、羊城晩報によると、広東省広州市で19日に発生した有害物質「痩肉精」を含んだブタ肉の摂取によって市民70人が中毒を起こした事件に関連し、同市食品薬品監督管理局の姚建明(ヤオ・ジエンミン)局長は22日、同市のブタ肉のサンプル検査率がわずか2%であることを認めるとともに、今後は食品…
続きを読む
<続報><炭坑事故>石炭不足拡大への懸念広がる―山西省(Record China)

屯蘭炭坑や石炭供給はなんだかとても楽しそうですね。
気がついたのですが、果たして石炭生産地と昨年夏には相関性があるのでしょうか。
気がついたのですが、石炭価格について、とても気になります。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000007-rcdc-cn



2009年2月22日、山西省太原市古交の屯蘭炭坑で起きたガス爆発事故で、中国紙・中国証券報は「同省の石炭供給不足に一層の拍車がかかる」との見方を示した。3月中と予測されていた小型炭鉱の操業再開も「延期は間違いない」と見られている。

中国有数の石炭生産地である山西省だが、相次ぐ炭鉱事故により、北京…
続きを読む

| ホーム |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。