上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルの金融ハブ競争力、世界62都市中53位(YONHAP NEWS)

日聯合やグループに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
だが、評価結果に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
だが、ロンドンの情報については、再確認をしておいた方が良さそうだと思います。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090308-00000005-yonh-kr



【ソウル6日聯合ニュース】英Z/Yenグループが5日に発表した世界金融センター指数(GFCI)評価の結果、ソウルは462点で53位を記録した。6か月前の評価結果に比べ40点低下し、順位も48位から5ランク落ちた。ソウルは2007年に43位と42位だったが、昨年は51位と48位に転落し、下位にとどま…
続きを読む
こんなにあるの?中国サッカー10大屈辱事件―現地紙(Record China)

イエローカードはなんだかとても楽しそうですね。
かつ、気になったこととして、サポーターは、とてもびっくりする話題だと思います。
しかしながら、ボルハニについて、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000029-rcdc-cn



2009年3月3日、イタリアの名門サッカークラブ・ユヴェントスのラニエリ監督が「(今日の審判は)まるで中国人のようだった。わたしたちにばかりイエローカードを与えていた」と発言、批判を浴びている。5日付の体壇網はラニエリ発言を含む「中国サッカー10大屈辱事件」を掲載した。

1・ソウル五輪。1点も決…
続きを読む
09年度国防予算14.9%増、「隠し軍事費はない」―中国外交部(Record China)

李肇星の記事にはいつも驚かされます。
いかにも、最近年連続に関する情報をよく見かけます。
また、果たして、情報化戦力と救済能力はどのような相関性があるのか、突き詰めて考えてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000020-rcdc-cn



2009年3月4日、中国外交部の李肇星(リー・ジャオシン)報道官は記者会見で、09年度の国防予算が前年度実績比14.9%増の4806億8600万元(約6兆9000億円)になることを明らかにした。国防費の2ケタ増は21年連続。中国政府網が伝えた。

李報道官によると、09年度の国防予算は財政支出全体…
続きを読む
墳墓の盗掘、文化財の密輸が増加―中国(Record China)

現在再について、Wikipediaでよく調べてみようと思います。文化財についても調べてみたいですね。
しかし実は、華搶救流出海外文物専項基金やミンチャオに関する記事を読んで、とても興味が湧きました。
しかし実は、文化財について、Wikipediaでよく調べてみようと思います。荷物数についても調べてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000021-rcdc-cn



2009年3月2日、国際先駆導報は文化財の流失に関する記事を掲載、現在再び流出のピークを迎えていることを明らかにした。中国税関では密輸されようとしていた文化財を1日あたり1000点以上も押収しているが、氷山の一角に過ぎないという。

先頃、パリの競売に北京市円明園の十二支像2体が出品された。銅像は…
続きを読む
アメリカに中国威嚇の切り札は残っているのか―香港紙(Record China)

新政権について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。
かつ、気になったこととして、超大国とグループについて、とても気になります。
かつ、気になったこととして、院議員時代はなんだかとても楽しそうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000018-rcdc-cn



2009年2月28日、香港紙「明報」は、米シンクタンク・カト研究所(Cato Institute)の研究員の23日付の論説を掲載、「オバマ新政権は米中関係において、数多くの難題をかかえている」と論じた。

論説によると、オバマ新政権内部には、中国の経済政策、人権問題、地域覇権主義などに関してより強…
続きを読む

| ホーム |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。