上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になる今日のニュースです。


当然ではないでしょうか?
2大会連続2金メダルの北島康介の「国民栄誉賞」は、
国民全体が賛成、納得するのでは!
あの感動、勇気、夢、希望を疲弊している日本国民へ、
与えてくれた世界最高選手に、「国民栄誉賞」を与えない
理由などないのではないか?

政府は、北京五輪の競泳百メートル・二百メートル平泳ぎで
アテネと2大会連続で2冠を果たした北島康介選手(25)に対し、
国民栄誉賞の授与を検討しているそうだ。
みな賛成しているはずだ。

しかし、政権のイメージアップにつなげたい首相官邸サイドの
思惑も見え隠れするが、「表彰の基準が不明確」といった
指摘もあるそうだ。しかし、パフォーマンス好きではない
福田康夫首相が、最終的にどう判断するか。

そもそも国民栄誉賞は昭和52年8月に現首相の父、
福田赳夫元首相が在任中に創設し、
第1号は本塁打世界新記録を樹立した王貞治選手
に贈られた。

また、最近では、シドニー五輪女子マラソンを制した
高橋尚子選手が受賞している。 

北島康介は良くやってくれた。他のメダル取得者もひがむどころか、
納得するのではないか?
と私は、思う
 政府は、北京五輪の競泳百メートル・二百メートル平泳ぎでアテネと2大会連続で2冠を果たした北島康介選手(25)に対し、国民栄誉賞の授与を検討している。政権のイメージアップにつなげたい首相官邸サイドの思惑も見え隠れするが、「表彰の基準が不明確」といった指摘もある。パフォーマンス好きではない福田康夫首相が、最終的にどう判断するか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080823-00000943-san-pol


スポンサーサイト

<< 発見遺体 NGOが伊藤さんと確認 | ホーム | NASA打ち上げ失敗有害物質が含まれている恐れがあるロケット爆破 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。