上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の平和を望んでいるのは、私だけでない。あなたも、きっと・・・・。
そんなあなたと共に考えたい話題があります。



私の携帯もお財布機能がありますが、現在使っていません。
私の住んでいる家が、田舎でもあるので、必要を
感じていません。
さらに、お財布携帯を使うほどの消費活動は行って
いないのが、その理由のもうひとつのものです。

しかし、将来的にはそうしようと思います。
Auのじぶん銀行にはちょっと興味がありますから。

さて、お財布携帯の状況は日進月歩ですね。
その契約数もうなぎのぼりです。
今回、矢野経済研究所というところが、「おサイフケータイ」市場について調査
したところによると、ICカードとともに決済ツールとして
飛躍的に取引が増大させていく同サービスを各社用意させていくようです。

すでに、おサイフケータイの便利さ周知の事実ですね。
その最たる例は、交通サービスにあります。
また、格納されているそのほかのさまざまな機能もまた、
近年その存在感を示し始めているようです。

私たちが普通に使っている、ディスカウントショップや
スーパーのポイントカード。
また、プリペイドカード、会員証、クレジットカードなど、とんでもなく
増えたカード類の持ち運びや管理は、大きな負担となっている。
しかし、それが、おサイフケータイによって、
まとめられたらどんなに便利なことだろう。
実際そうなってきているのだ。
 矢野経済研究所は「おサイフケータイ」市場について調査・研究を行った。ICカードとともに決済ツールとして取扱高を飛躍的に増大させていく同サービスに関して、通信事業者(キャリア)とICカード関連ベンダー、携帯端末ベンダーの実態と将来の見方を横断的に俯瞰、有力プレーヤーの動向から市場全体の将来を展望した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080804-00000038-zdn_ep-sci


スポンサーサイト

<< 中国野菜の輸入の影響野菜の輸出量4.6%減 毒ギョーザ事件も影響? | ホーム | 東京に大雨警報 鉄道に影響も60ミリの雨が降る恐れがあるという >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。