上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の平和を望んでいるのは、私だけでない。あなたも、きっと・・・・。
そんなあなたと共に考えたい話題があります。



今回のバスジャックは考えさせられますね。
バスジャックそのものは犯罪として、社会的に扱われるべきです。

しかし、14歳の子供をそこまで駆り立てたものに私たち大人や親は、
注目するべきですね。
県警によると、少年は「親にしかられ、嫌がらせしてやろうと思った」
と話しているそうです。

少年は家庭環境は父親(42)、母親(41)、妹(12)の4人家族。
本人は学級委員長を務め、ソフトテニス部に所属しているそうだ。
少年は女子生徒との交友を巡って親からしかられたという。

平凡な家庭環境と思うだろうか?
表面では分からない、家族間の軋轢があるだろう。
単に交友問題で、しかられたので普通はそこまでするはずがない!

膨らんだままになった心の風船が張り裂けたのだ。
家庭では、ガス抜きをするところだろう。
それが、ガスを充填するところとなったということだ。・・・

あなたの家庭ではどうだろうか?
ガス抜きするところか?
それともガスをついつい充填しまうところとなっていないだろうか?
愛知県の東名高速道路で16日発生したバスジャック事件で、県警に身柄を確保された男は山口県宇部市の中学2年の少年(14)と分かった。少年は15日未明に家出し、家族が山口県警宇部署に家出人捜索願を出していた。愛知県警は16日、少年を監禁と銃刀法違反容疑で現行犯逮捕、少年は調べに「親にしかられ、嫌がらせしてやろうと思った」と供述しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080717-00000008-mai-soci


スポンサーサイト

<< 医療:心筋梗塞 せっかちは危険低い | ホーム | 1匹2万円執着心が再現させた幻の金魚 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。