上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の平和を望んでいるのは、私だけでない。あなたも、きっと・・・・。
そんなあなたと共に考えたい話題があります。



こよなく、金魚を愛する人は日本中にいるが、
過去の名金魚を再生させるのは大変だろう。

大阪の商人たちにこよなく愛された金魚「オオサカランチュウ」は
江戸時代から関西を中心に多数飼育されていたが、
戦後ほどなくして絶滅してしまった。

その後、復活を夢見た業者や愛好家たちが品種交配を繰り返し、
長い時間をかけてその姿を再現したようだ。

1匹2万円のものはさぞかしすばらしいものだろう。
やはり、「体形も大事ですけど、オオサカランチュウの鑑賞で
重視されるのは色柄」だそうだ。

「模様魚」とも言われ、赤と白の織りなす体の模様の美しさが、
品評会などで判定の基準になるという。
理想とされるのは、体全体が白で各ひれが赤い「六鱗(ろくりん)」模様だ。
「さらに口とほおが赤ければ完ぺき。でも1万匹に1匹くらいの確率でしか出ない」
さすが、2万円の魚である。
 かつて、大阪の商人たちにこよなく愛された金魚がいた。その名も「オオサカランチュウ」。江戸時代から関西を中心に多数飼育されていたが、戦後ほどなくして絶滅してしまったという。その後、復活を夢見た業者や愛好家たちが品種交配を繰り返し、長い時間をかけてその姿を再現した。そこまで人々の執着心をかき立てる美しい金魚を見てみたくなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000004-maiall-soci


スポンサーサイト

<< 少年は女子生徒との交友を巡って親からしかられたという バスジャック事件 | ホーム | サキヨミ 8割が山本モナへの批判 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。