上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の平和を望んでいるのは、私だけでない。あなたも、きっと・・・・。
そんなあなたと共に考えたい話題があります。



皆さんは「勝ち組」と聞いてどんな感情を抱くだろうか?
ほとんどの人は、いい気持ちがしない。
ほとんどの人は、勝ち組ではなく、どちらかというと、
勝ち組に利用されている、もしくは、間接的に支配されいると、
心のどこかで思っているからだ。
ごめんなさい、私だけがそう思っているのかも?
しかし、すべては共存の上に成り立っているのではないか?
社会そのもの、相互依存の考え方が中心だからだ。

ソニーの社長は、大いに失言だろう。彼は考え方において失敗している。
社長は、今年度からの中期経営計画の遂行により
家電業界で「勝ち組の先頭に立つ」ことができると言い切ったのだ。

それを聞いて、感心する人はまったく分かっていないひとだ。
もしそうなれば、消費者は一時的に良いものを安く買えるようになるが、
長期的には、その反対になるのがこの社会である。
もうお分かりですね。

かれは、現状は「負け組を脱し、勝ち組の最後尾にきた」と
自己分析し、「技術のソニー復活の象徴」として力を入れる
有機EL他社との協業も検討していく方針を明らかにたようだ。

結局、共存、相互依存型から抜けきれるものではない。
 ソニーの中鉢良治社長は7日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、今年度からの中期経営計画の遂行により家電業界で「勝ち組の先頭に立つ」ことができるとの認識を示した。(つづき・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000020-fsi-ind


スポンサーサイト

<< マリンID厳格化で選手反発 ゆずれない! | ホーム | 「くいだおれ太郎」は忙しかった閉店間近 客殺到 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。