上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感染者にとって、朗報となるかもしれない。
エイズは世界中に蔓延しており、日本でも例外ではない。
そして、これは、一部の人々の体内では、HIVに対して驚くほどの
抵抗力がつく突然変異が起きているようだ。

そして研究者たちは、そのような抵抗力を誰にでも
持たせるための方法をついに見つけたのかもしれないと考えている。

エイズウイルスは細胞に入り込んで乗っ取るが
、細胞に入り込むには手がかりが必要だが、
HIVは、T細胞の表面を覆っている、CCR5と呼ばれるタンパク質を
手がかりにして侵入する。

1990年代に、不特定多数の相手と性的な関係を持ち
、HIV陽性の相手と関係があったにもかかわらず
感染しなかった少数の同性愛の男性たちが、
科学者たちの関心を引いた。

彼らのほとんどに、細胞が通常のCCR5タンパク質を
作らないようになる突然変異が起きていた。

これらの事実を逆に応用すれば、エイズに対処する、
画期的な、処方が登場するかもしれませんね。
スポンサーサイト

<< イチロー、3000本安打球宴前の大記録ない | ホーム | モバゲー にSNS >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。