上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島根県の皆さん、お元気ですか?是非、島根県の方にも知って欲しいと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=l32   

USBメモリの利便性は今更言うまでもないですが
便利だからこそのUSBメモリの危険性も、
知識としては誰もが認識していると思います。

一昔前と比べると、価格がとても安くなっているので、
買いやすい状況は好ましいのですが、
個人利用の場合も、法人利用の場合も、
USBメモリからの情報漏えいが相当な問題となっています。


個人情報などの情報漏えいは、
紙媒体が一番の原因となっているのですが、
それを漏えいした件数に置き換えると、
USBメモリが最多となっているそうです。

とは言うものの、USBメモリが悪さをしているのではなく
当然人の手によるミスや盗難が主原因ですから、
どこまでいっても情報管理の在り方が問われるべきですよね。

大手企業では、USBメモリ自体の取り扱いを禁止したり、
対策に躍起ですが、情報を扱う人間がしっかりしないと、
何を媒体にしても情報漏えいは0にならないです。

USB、インターネット、メール・・・。

情報伝達能力の高い機能を
人間自身が制御し切れていない事は
なんだか虚しいですね。


それにしても、本当にUSBメモリは定食並に安い。
 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)がこのほど公開した「2007年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によれば、流失した個人情報の人数は、USBメモリなどの可搬記録媒体からのものが実質最多であることが明らかになった。(つづき・・)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000040-zdn_ep-sci


スポンサーサイト

<< 緑内障、2割で見落とす危険40歳以上の20人に1人が発症 | ホーム | 米ガソリン高で電気セグウェイ人気 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。