上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島根県の皆さん、お元気ですか?是非、島根県の方にも知って欲しいと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=l32   

150キロのスピードボールを投げられる
若干15歳の少年が存在するのだとか。

そのスピードにたどり着けるピッチャーが、
プロ野球界に数えるほどしかいない事は、
野球に詳しい人なら理解できる、驚くべき事実です。

この少年、リー・ユーハン投手は、台湾人。


メジャーも注目するこの選手を獲得するために、
大きく前進したのが、日本プロ野球の読売巨人。

7月1日に来日させて、日本語を学びながら、
練習生としてジャイアンツと合流するそうです。

プロスポーツの世界での10代のスターは、
どんどん増えてきています。

彼も日本人に無条件で愛されるスター選手に
育つといいですね。

くれぐれも肩を壊さないように。


そういえば、昔、投稿特報王国という番組で、
「凄い魔球を投げる野球少年」が紹介されていましたが、
今、どうしているんだろ。

確かに物凄い変化をする\"魔球\"だったのですが、
今思えば、「ジャイロボール」だったのかな。

ネットで調べてみようっと。
 巨人が、メジャーも注目する台湾の15歳左腕の獲得に動いていることが28日、分かった。150キロ台近い速球を投げるリー・ユーハン投手で、7月1日に来日し、翌2日から川崎市内のジャイアンツ球場で練習生として参加する。球団では8月末までに実力を見極め、育成選手契約を結ぶ見込み。将来性豊かな左腕が、巨人に加わることになる。(つづき・・・・)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080629-00000000-spn-spo


スポンサーサイト

<< 米ガソリン高で電気セグウェイ人気 | ホーム | 異例のスピード出世吉本興業 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。