上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<有毒ブタ>中毒事件は起きて当然?サンプル検査率わずか2%―広東省広州市(Record China)

とても気になる記事です。特に、有害物質と姚建明について気になります。
また、最近化学物質に関する情報をよく見かけます。
いかにも、姚局長の話を聞くとおなかがいっぱいになります。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000015-rcdc-cn



2009年2月23日、羊城晩報によると、広東省広州市で19日に発生した有害物質「痩肉精」を含んだブタ肉の摂取によって市民70人が中毒を起こした事件に関連し、同市食品薬品監督管理局の姚建明(ヤオ・ジエンミン)局長は22日、同市のブタ肉のサンプル検査率がわずか2%であることを認めるとともに、今後は食品…
続きを読む
スポンサーサイト

<< <続報>日本人への「ヤミ臓器移植」、執刀医の謝礼は200万円―中国(Rec… | ホーム | <続報><炭坑事故>石炭不足拡大への懸念広がる―山西省(Record Ch… >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。