上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソマリア海域に韓国型駆逐艦「文武大王」を派遣(YONHAP NEWS)

合同参謀本部について、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。文武大王についても同様に。
なお、速射砲に関して、とても驚きました。
さらに、整備要員と作戦支援処長に関して、どのような相関性があるのか興味があります。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090206-00000032-yonh-kr



【ソウル6日聯合ニュース】合同参謀本部は6日、ソマリア海域に船舶護送にあたる艦艇として韓国型駆逐艦(KDX-2)「文武大王」を派遣することを決めたと明らかにした。
 「文武大王」は4500トン級、全長150メートル、幅17.4メートルで、ガスタービンエンジンとディーゼルエンジン各2基で船体を推進す…
続きを読む
スポンサーサイト

<< 中国証券管理当局「証券2社に信用取引認可」の報道否定(サーチナ) | ホーム | <チベット>治安維持を徹底、反政府活動の取り締まり強化―中国当局(Reco… >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。