上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数年アニメから離れていた私も、セーラームーンはよく知っています。

セーラームーンは90年代少女漫画の金字塔だったようです。
講談社の少女漫画雑誌「なかよし」に連載されると同時期にアニメ化された。
それは少女だけでなく大人の女性、男性の間にまで広く人気を博しました。

様々なグッズが登場し、商業効果は抜群だったようです。
まさに単なる少女漫画・アニメの域を遥かに超えた社会現象となりました。

これで、バトルヒロイン物と少女漫画の要素を一つにした「美少女戦士物」というジャンルが誕生したようです。

開国でも知名度が非常に高い作品であり、普段アニメや漫画とは無縁の層の間にまで広く知られています。

そんな、漫画の女優を演じる方を早くなくしてしまって、本当に残念です。

ご遺族に、心よりお見舞い申し上げます。
 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の3代目セーラームーンとして活躍し、映画「バトル・ロワイアルII」などにも出演した女優、神戸みゆきさんが18日午前4時8分、心不全のため川崎市内の病院で急死していたことが20日、分かった。24歳だった。昨年2月、舞台「レ・ミゼラブル」を体調不良で降板してから入退院を繰り返していた神戸さん。女優のみならず、ファッション関係の仕事を夢見て回復を信じていたが、それもかなわなかった。(つづきはこちら・・・)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000049-sanspo-ent


スポンサーサイト

<< 九州で激しい雨 心配ですね!関東に拡大も | ホーム | 山崎氏への謝罪拒否どうして? >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。